« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月15日 (火)

2014年春、スーヘス第一弾は…イカちゃんや!

ごっつぁんです!

今日は幕下でごわす!

さて、珍しく怪獣軒がスーヘスの参加ディーラーの名前が出るという快挙。
今まで参加していたのかどうか、会場に来てみないと分からないという蜃気楼メーカがついに姿を現したねえ…

そんなわけで、いつもどおりギリギリで予定が進むオレたち。
今回もギリギリだったねえ…

出来たよ!
怪獣軒、イカルス星人!
の見本!

Ika1

でーん!
いつも通り八ツ墓村のたたり状態!

バリ切りまっせ!
穴開けまっせ!
組み立てまっせ!

ってことでこんな状態。

Ika2

ウンウン、思った通りの物が出けたで!
早速、彼はプリけつを発見した!

Ika3

『わあ、すてきなプリけつですが触ってもいいですか?』

そしてそのままロングブレスダイエット!

Ika4

う〜ん…
4パーツという少ないパーツ数ながらもいろんな表情が出るなあ…
これは想定外の嬉しい出来事。

早速塗りました!

Ika5

とりあえずはモールド部分に拭き取りを行おうかと考えていたのでクリアを吹いて一晩寝かす。

拭き取りってなんだ?って話ですけど、シンナーを含んだ布で色を塗った部分を落とすとモールド部分に色が残るです。
まあ、やってみてくださいな。

Ika5_1

『ああ〜おねえちゃんまってや!おじさんも連れてってえな!』

もう既にオレの中ではイカルスはオッサンやで!

Ika7

ついでに、セブンとツーショッツ。
一晩寝かせないといけへんからいろいろ遊んで時間をつぶす!
いや、他の事やればいいんだけどね…

Ika6

ええツラやろう?

さて、一晩ゆっくり寝たオレはイカちゃんの拭き取りを始めた…

しかしだ!
これはイカン…
せっかくの商品が台無しや…

というのは、実を言うとこの塗装は『はしもと玩具様』のたってのご依頼で、またまた重塗装バージョンを出したいと。
で、今回はどうしてもあべさんにお願いしたい。
との事なので、そりゃあ、頑張ります!

怪獣軒からは当時のブルマアク版カラーが出る予定。
といっても、オレまだ現物の色みてないんで(笑

ひとまずはしもと玩具さんカラーを塗っちゃっていいよ!って話なんで塗ってるわけです。

まあ、ご指名という事もあってね。
そりゃああ〜た…
普通の塗装で終わらすわけにはいけまへん。

ど〜すべか…

と考え!
もう一度吹きなおし、しかももっとグレーとバイオレット感を出す色を調合。

そして…
モールドには筆塗りで要所を押さえるという暴挙に出た!

アホや!
アホやでオレ!
一体そこに何があるんだ!
オッサンをよりオッサンらしく仕上げるのにそんなに手間を取っていいのか?
と自問自答しながらオッサンを塗る!

そして、出来上がったのが…

これだ!

Ika8

おお〜すげえ!
手間かけただけあってすげえ!

Ika9

イナイイナイ…

Ika10

バア!

『ねえ、ちょっと触らせてよ。テカテカなの。触らせて!』

Ika11

もう一度ご確認ですが、こちらの重塗装版ははしもと玩具様限定でございます!

間に合えば、スーヘスにも…
う〜ん…
オレ次第やな!(笑

はしもと玩具様での発売は5月中旬頃を予定しております!
現物はスーヘスにて、確認出来まっせ!

では!
まだまだ続くスーヘス情報。

乞うご期待!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

資料性博覧会はコズミックV押し

4月だねえ…

まいっちゃったよ、忙しくて。
いや、仕事ではないんだ!

資料性博覧会。
インディーズ?アマチュア?で参加のオレ。
元々、まんだらけの同人担当の方と古い付き合いで、資料性博覧会が開催されてから1度のおやすみだけで皆勤賞の怪獣少女&麗しのパチ部屋。

今回開催から『ソフビ』も同時開催されるという。
じゃあソフビで参加やん?

ってな話で。

そうなると新作が欲しいよね。
やっぱり。

まあ前回の記事を読んでいただいた方にはお分かりかと思いますが、ついにサカサマゴリラの登場予定…

あくまで予定です。
というのはですね、いつもお世話になっている成型所ですったもんだがありまして…

まあ年度末とか消費性アップとか諸々で、成型所の取引先がすったもんだでね。
3月はほとんど生産ストップになっちゃったの。
一応、お願いできる事になってるんですが、とにかく3月の生産が詰まっていて4月に割り込んできそうとの事。
しょうがないよね。
オレのようなアマチュア作品でね、お手数おかけしてはいけません。
もう少し、状況を見てくださいな。

さておき、そのサカサマゴリラ。

やっぱり抜けねえと(笑
いや、抜けるけど肉薄になっちゃうよ。
ってな話で。
どうしたものか…
金型製作所の方の提案では変形間着でカットすれば…
との話をくださったのですが、ここは兼ねてより…

いや、まだ内緒にしておこう(笑

とりあえず、金型屋さんから胴体を回収し、ツノを修正。

Sakasa3

そして、急遽謎のパーツを作成。

Sakasa

というわけで、納品も完了。

金型は問題なく出来上がりそうよ。

まあそんなわけで、いかんせんオケラ状態になりそうな資料性博覧会。
しかしだ!

実はコズムンを製作するにあたってもう一つの目標があったんですよ。

それはですね…
小冊子を付けたかったんです。
絵物語の。
まあとにかくコズムンは強行で製作したのでそういうおまけの部分を製作できなかった。
凄く心残りだったんですよね。

じゃあ、今回作ろうよ!
って。

どうせやるならアナログ4色、8pというオレの大好きな朝日ソノラマの

『ソノラマエース・パピィシリーズ』

をモチーフにね。
でもさ、簡単に言うよ。
4色カラーの8pだぜえ?
頭おかしいんじゃないか?って話。

でもね、何を差し置いてもやろう!と。
仕事がなんだー!(すいません)
オレはオレのやりたい事を全力でやりたかった。

仕事はね、プロデューサーがいて。
プロデュースする方の思惑を汲み取って仕事をせねばならない。
当たり前の事。

でもね、オレはセルフプロデュースでセルフ製作。
つまりアマチュア作品を作りたかった!
いや、結果アマチュアなんだけど。

大体セルフプロデュースなんてろくな物になりゃあしない。
好き勝手やっちゃうから。
お前のわがままを誰もみたいとは思ってないわけ。

でもそこをちゃんとわきまえて。

『他の人にみてもらう』

という意識。

『見せるからには皆が楽しめないといけない』

そういう物を忘れがちな人が多いからつまらん物になっちゃう。
セルフプロデュースってそういうもんだよねえ…

と、えらそうな事言ってますが!(笑
だいたい、オレしか査定の基準になってないんで、本当は不安なのよ。

『みんな本当に楽しんでるんのかなあ…』

ってね。
まあ、製作している時は本当に苦しいんでそういう事ばっかり考えちゃう。

でももの作る人ってもの凄いアホで(すいません)完成するとそんなの全部忘れちゃう(笑

まあね、今全部忘れてる状態(笑
つまり終わったよ!
入稿した。

価格帯はいろいろ考えてます。

一応、通常価格 500円
『コズムン買いました!』 で200円
資料性博覧会特別価格(というか生産分) 7000円

という風に考えてます。

では、どんなものか?と。

Z

こんな感じです(笑

とにかく、オレのソノラマパピィへの愛、そして変態度を120%詰め込んで作ったよ!
4色カラー8p!
ただね、金額的にコート110kgという会社概要のパンフレット的な物と同じくらいの厚さ。
申し訳ないんですが、ちょっとペラペラかも…
でもそうしないと金額的にエライことになっちゃうんで(笑

ちょっとだけ、お見せしちゃうよ!

Cos1

アホみたいに70年代で突っ走ります!
デジタルがなんぼのもんじゃい!
ってね。
でも編集はホトショップ。
ホトショ。
すいません…和洋折衷な感じで…(笑

とにかくね!萌とか、そういうもんたたき割ってやりたい!
と、平田弘史先生もそんなこと言ってました(ニュアンスだけね)

でもね、コズVという世界観をもっとみんなで共有して楽しんでもらえたらなあ…
とホント一生懸命描きました…
マジで、死にそうになりました…

喜んでもらえたら本望です…

ではみなさん、また詳細が決まりましたら!


と、お思いでしょう?

それだけじゃ済まさんねん!

コズV誕生編?
じゃあサカサマゴリラは?

ってな話でしょ?
抜かりあるわけないねん!

ウルパチパピィシリーズ第2弾!
サカサマゴリラ編!

P1

これに文章も入ります。

基本こちらも初回分は
通常価格 500円
サカサマゴリラとセットで8000円

というつもりで設定しております。

内容はこんな感じ。

Cos2

Cos3

まだまだ製作中の画面ですが、もう完成して入稿しました(笑

早いだろう?
そりゃあ全ての仕事をストップして作ったんや!

…とか書いていると、クライアントの皆様方に殺されそう…

ドロンします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »