« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月 3日 (土)

オレはグレート!

お久しぶりぶりです。
ぶりぶりです。

レッドマン始まってるよ!

メディコムトイ レッドマン

赤いあいつ〜レッメ〜ン!

Img_0950
Img_0951
Img_0952

通り魔のごとく(通り魔じゃないよ)ナイフも持ってるよ!

Img_0953
Img_0955

殺れ!
殺っちまえ!
ってな感じで(笑

みなさんよろしく。

それから、原作版マジンガーZ!
絶賛予約中!
15日までですよ奥さん。
でも定数に至った時点で終了なのでお早めに!

524b6ac30f1193c794fe8430f4c8d5fa

今回の製造で一時終了いたします。
数年間色変え等の販売もないのでほんとに、お忘れなくだよ!

タカラモ マンガ倉庫宮崎ネット店

Click here for more overseas

と言っても、今回もいっぱい作ってます(笑

みなさんよろしくですよ。
奥さんもお忘れなく!

さて、お待たせの本題。

ついに出ますよ!奥さん!

なぜ出ない?
なぜ出ないの!
と言われ続けていく年月。

まあね、マジンガーシリーズは色々なメーカー様が制作したいアイテムですよ。
オレのように業界の末席にいるハエのような原型師ではやっぱり色々なメーカー様との棲み分けというのに非常に気を使うわけです。
そういう意味でも人気アイテムに関しては非常にデリケートなスケジュールを組むわけです。

で、ついにダイナミック企画様と直接お話をできるようになって

『いまだ!』

と言わんばかりに水面下で進めてまいりました!

ついに出ます!

ビックワンクラフトから。
グレートマジンガー!

Img_1071

Img_1079

と言ってももうみなさんお分かりですよねえ〜(笑
最近はこのブログが一番情報が遅いという(笑

許してください!

一応、10月中旬頃にご予約スタートを目指しております。
今回も2週間程度のご予約期間で、年内いっぱい生産です。
数年間生産がございませんので、妻を質屋に入れてもゲットしよう!
とは言いませんが(笑)今のうちですよ!

細かいスケジュールについては現在…
というか、今このブログを書いている瞬間にロウ型が終了したので、金型屋さんの上がりの時期が決まり次第お知らせいたします!

で、問題はそのご予約方法ですが…

お世話になっているはしもと玩具店様、ひのまるや様に続き、マンガ倉庫宮崎店様も巻き込んで受注生産しようかと思います!

というのも、今までは生産可能数がどうしても限定されてしまって幾度かに分けてご注文いただく…
という方法論で進めてきましたが、生産を請け負っていただける工場様がいくつかお手を上げてくださったので思い切って受注生産いたします!

工場の方々のご厚意と、そして順々と販売経路拡大ということでより一層みなさんにもお求めやすい、お買い漏れのないメーカーを目指しております(笑
工場も今非常に混んでおりますが、今回色々とお話をしたりお会いできたりというのを進めていると、一極集中…とまではいきませんが、集中してしまっているところに集中してしまってボトルネックが起きてるような気がします。
前回のヘッダーの話もそうなのですが、割とみなさんこの辺のお話が好きそうなので(笑

当ブログも『ソフビ制作』や『金型金額』などの検索ワードで見たいただくケースが非常に増えてきております。
まあソフビを制作したいという人が増えているということは非常に喜ばしいことです!

が、これはマンガでも映画でもアニメでもなんでもそうですけど、制作側はできるかぎり安く済ませたいということに躍起になってどうしても技術者への支払いを渋ってしまいがちです。
技術者への支払いは減るということはいずれ業界が萎縮してしまうことは避けられません。
まずは

『お金がかかる』

ということを念頭に入れてください。

で、ソフビ制作には2通りあると考えてます。
まずは自分で全ての工程をスケジューリングして管理する方法と、プロデュースのみで制作をお願いする2通りかと思います。

安さで言えば自分で全てやったほうが安く上がります。
原型師を探し、ロウ型転換〜金型制作を工場に依頼。
成型工場にお願いする。
ヘッダーの印刷を手配する
必要とあれば塗装マスクと彩色を手配する。
注文を取る。
発送をする。

この工程を自分でやれば問題なくやすいです。
でも、これとても一人でできる工程じゃないんですよね。

なのでどこまで自分でできるか、どこまでお願いできるかというさじ加減になってくるでしょう。

もう一つは制作をお願いする。
この場合は上記した全ての工程に手数料をお支払いします。
当たり前なんですけど、これを高いと言ってないがしろにしてしまいがちです。
この大変な作業をお願いする以上は『手数料」が入ることをきちんと捉えないといけません。
そういう部分、日本人ってシビアですよね。
『好きなことやってるのに金取るなんて』
って普通に言いますから(笑
正直そういう意識の人には制作に携わって欲しくないですよね(笑

まあ端的に言えば、安く済ませたければ自分でやれ!
大変な思いをしたくなければお金を出して制作をお願いしなさい!

この2つだと思います。
自分で制作すると不良品の管理など全て自己責任になりますが、制作をお願いすれば、不良品の対応までしてくれます。
どちらが良いか、そういう意識をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います。

そんなんでよかったかしら?(笑

そんなわけで、今回グレートマジンガー以降は工場のお力添えでもっと幅広くみなさんにお届けでき、それでいてこちらの作業負担も減り、工場にもしっかりお支払いできるという循環ができたらと思います。

そのためには、1万円もする商品をいかにご満足いただけるかということに精進しないといけないですねえ…

『奥さん!』とか言ってる場合じゃないですよ!(笑

頑張ります!

というところで、次の原型をやらなあかんのでドロンします。
ドロンしますって。
いつの時代のサラリーマンや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »