« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月29日 (土)

飯テロ紛争区、越後

もうね、いろいろめんどいので本題(笑

ボルテスV!
10月31日までだよ!

メディコムトイ ボルテスV

デコマスもできたよ!

Img_1285
Img_1286
Img_1289
Img_1288

バッチリアニメっぽく仕上がったよ!
急いで注文だ!

そして、新作は…

なんとトップをねらえ!(笑

Ganbuster_161001
Rx7_161001

なっつかしいよねえ〜
学生時代を思い出しちゃうよ。
名作だよねえ〜
みんな知ってるかな?
よ思ったら海外でも認知度が高くてちょっと驚いたよ。
おじさんちょっと驚いたよ!

そんなわけで予約受付中!

ガンバスター
RX-7 ナウシカ機

こちらもよろしく!

それから、うちの会社からも11月は驚くべきものが復活するので乞うご期待!

あと、グレートマジンガーも10月31日までだよ!

マンガ倉庫
はしもと玩具
ひのまるや

ラストスパートだよ!
お忘れなく!!

Img_1274

それから、SOFVI EXPOでのウルトラマンジョーニアスとウルトラマンレトログレーも好評発売中!
はしもと玩具店で聞いてね!

Joe

Man

宣伝はこれくらいで(笑

奥さん。
あたしゃあね。
越後に行ってきたよ。
雪国で有名な。
川端康成で有名なあそこですよ。

いやあ…
新潟はほんと飯がうまいよね。
今回はほんとに、それが楽しみでしょうがなかったのですよ。
飯!
ごはんですよ。
まあ〜うまい!
だが父さん…そこには大きな落とし穴があったんだ(さっきまで北の国からを見ていたオレ)

越後湯沢といえば川端康成の雪国で有名だよね。
『トンネルを抜ければ…』
って奴ね。
みんな読んだかな?
ぼかあ文学青年だったのでそりゃあ読みました。
だいたいね、文学というとどうしても構えてしまうじゃないですか。
梶原一騎の漫画でも文学少年は敵の代表格みたいな(笑
でもね、それは食わず嫌いですよ。
大抵文学ってしょーもない話が多いですからね。
愛人とどこそこ行った、みたいな(笑

まあそんな話は置いといて(笑
まあ着いて早々、もう飯が楽しみでしようがなかったので即飯!(笑
もう駅前で飯ですよ(笑

Img_1305

けんちん定食です。
いやあれだ。
写真撮る間も無くもう食ってしまったので(笑)アレなのですが。
めっちゃうまいっす!
まずね、米がうまい!
魚沼産ですよ奥さん!
魚沼さんという人じゃないよ。
魚沼産コシヒカリ!

で、精進料理らしいので肉類が入っておらず麩が入っているのですよ。
これがお肉のような味わいでたまらんとです。
んまいんですわ。
まあそれよりもね、やっぱり米(笑
とにかくかんでもかんでも上手くてね。
もう脳から変な物質が出てきておかしくなるんですわ。
魚沼産おそるべし!

まあ、それは置いといて(笑
ひとまずバスで30分揺られて大源太湖へ。
とにかくね、こう現地に行きたかったんよ!

というか、越後湯沢に着いたらとにかくいい匂いがするの。
匂いというか水的なマイナスイオン?
的な。
ものすごく空気がいい訳!
とってもコンコロもちがいいわけです。
そうなると山の中がまた楽しみなのですよ。

都会の中で、毎日毎日。
毎日毎日ですよ。
ソフビの匂いにまみれて癒されたいわけです。

そんなわけで大源太湖

Img_1308

ちょっと残念だったのが一部工事中で。
でも最高!
空気がいい!
アイスが半端なくうまい!
ゴマアイス。
ゴマアイス最高だったよ!
新潟恐るべしだわ…

大源太湖は周りを1週できます。
これまた絶景。
Img_1306

Img_1309_2

魚が崖っぷちギリギリで遊んでいるよ。

Img_1311

Img_1312

紅葉が始まりかけていて一部赤くなっておりました。
美しいでごわす。

まあでもあれですよ。
大源太湖はじいちゃんばあちゃんの聖地でした(笑
というか、もともと車がないと来られないような、バスも1時間に1本くらいしか出てないしね。
そうなるともう添乗員付きのバスツアーになっていて、バーっときてバーっと去っていくみたいな(笑
じいさんばあさんがザーッときてザーッと去っていくですよ(笑
不思議な光景というか、昭和ってこんな感じだよねえ…
今や若者はテーマパークやショッピングセンターが旅行であって自然ではなくなってるよね。
勿体無い。
新潟うまいんで勿体無いよ。

で、越後湯沢の駅に戻ってきたんだけど、今や駅構内の売店がすごいことになってるのよ!
もうたまらんかったのが醤油ききくらべ!(笑

Img_1315

全部舐めた!
全っっ部舐めたよ!(笑
で、ちょーうまかった醤油を買った!
銘柄は教えない!(笑
毎朝卵かけご飯にかけて食うだよ。

Img_1335

用も済ませ、本日宿泊のホテルいなもとに到着。
大きいホテルでびっくり!
オレたち的に垂涎のゲーセンコーナーも、ほんのちょっとだけありました(笑

Img_1321

Img_1322

Img_1323

昔、常磐ハワイアンセンターでサスケをやったのを思い出すよ(笑
で今回の目玉!
Img_1316

なんだこれは??

Img_1319

ネオジオ!!

Img_1320

Img_1324

こういうのがね、地方感が高まって最高ですよ。

で、早速晩御飯!

Img_1325

すごい!
これ前菜だよ。
ちょーしに乗って越の寒中梅を300m飲んでしまった(笑
もともと酒は強いんだけど、一時期寝てない日々が1年続いた時があって、その時はほんと口に含むだけで酔っ払ってすぐ吐いた。
それくらい弱っていた時があったんだけど、生活習慣を見直してはや3年。
日本酒300mくらいでは屁でもねえす。
酔いもしねえす(笑

話が逸れたけど、この前菜がまためっちゃうまいんよ。
麹漬けのシャケとか、麹漬けってこんなの甘いの?
ってくらいまろやかなわけ。
おかしいです!
おかしいですよ越後湯沢!

Img_1327

で、刺身盛りや茶碗蒸しなどどんどん出てきて、ついにメインディッシュ!
メインディッシュですよ?
メインディシュがお米!(笑
メインディッシュが魚沼産コシヒカリですよ!
これには驚いたよ奥さん!
そういえば、なかなかご飯が出ないなあ…
と思いながら前菜が旨くてすっかり忘れ。
刺身が旨くてすっかり忘れ。
それくらい、忘れさせてくれるくらいうまいんだよ。
これはね、もう脳みそをどうにかしてしまおうという湯沢の企みではないか?
というレベル。
そして、最後にカウンターで米だよ!
もち豚を米までとっておいたのだ。

しかしだ!
しかしだよ奥さん!

米がうめえ〜…
米だよ?
毎日食ってる米だよ?
その米を、もち豚の味噌蒸し焼きと一緒に食おうとするものなら、そのもち豚の味が米の素晴らしい味を妨げてしまうのを許さない!
と思えるくらい米だけで食いたいの。
とにかくね、米を食えば食うほど脳からダメ人間になる分泌物がだくだく出てきて腰抜けになるのよ。
これはね、テロだ!
きっと新潟はオレを骨抜きにして何かしようと企んでいるに違いない!

もう堪忍して!
もう堪忍してよ!

Img_1328

そして、完全に魚沼産コシヒカリの使徒となったオレ魚沼産コシヒカリのコメ爆弾を買う。
さすがにね、これは魚沼産の米を使っているとはいえ製品ですからね。
工場は別でしょ?

と思ったら工場も魚沼(笑

Img_1332

いやあまいったね。
魚沼サイコー!
湯本だけど。

そんな話けで、大浴場とサウナを楽しんだオレは寝るわけだが、その前に、大浴場にあった水風呂に触れなければならない。
新潟は水どころですから。
まあなんと言いますか…
水風呂というにはキンキンに冷えてるのですよ(笑
もうね、足入れたら痺れて動けなくなるくらい冷たい。
まじかよ!って。
水風呂ってこんなに冷たくていいのか?って。
でもね、サウナに入ってこの水風呂がサイコーなのですよ。
気持ちいいんだ…
ほんと、足が痺れて動けなくなるくらい冷たいんだけど、柔らかい肌触りが。
まるで女体に囲まれおしくらまんじゅうされているような。
そんな心地よい水なんだよね…

でまあ、注意書きに『この水は飲めません』って書いてあるな。
と注意深く見てみたら
『この水は飲めます』
だって(笑
どんだけ水だ湯沢!

水だけに、風呂から上がったら外はざんざか雨ふりで昼に降らなくてよかったぜよと胸をなでおろす。
しかし、この雨の匂いもたまらなくよく、初日はサイコーな気分で寝たよ。

2日目。

とにかく湯沢などこにも水が流れてるのですよ。

Img_1336

Img_1339

これがね、越後湯沢駅を降りた時の空気というか匂いというか。
ウェットな匂いがするんですねえ…
なるほどなあ…

そして朝飯

Img_1333

Img_1334

もう飯に殺されるかと思いますよ。
うますぎちゃって。
米食うたびに脳からなんかてできて
『負けたっ…』
ってだんだん凹んでくるわけ。
うますぎて凹むってもう、ないよ(笑

そりゃあ川端康成も愛人との最高の時間を過ごしたくなりますよ。
あ、あれは小説の中の話か(笑

で、こう現地に行きたかったのでロープウェーに乗って山の上に行きます。

Img_1349

アレですわ。
かなたにオレの何かをダメしたテロの聖地、魚沼郡が見えますよ…
ああ…魚沼め!
俺を骨抜きにした魚沼はあそこか!
と山頂で魚沼に想いを寄せる。

この高原地では運が良いと天然記念物のニホンカモシカが出てくるらしいのね。
まあオレ、そういうところミーハーではないので説明を聞いて
『ああそうなのね』
くらいしか思わなんだけど、興奮を抑え気味でおじさんがこちらに歩いてくる。

『みてみて、ニホンカモシカが出てるよ!珍しいんだよ!ほらリフトのところ!』

と教えてくれた。
まあ先にも触れたように80%はじーさんばーさんでオレが若い方という事態だったので(笑)おじさんも俺に伝えたかったのだろう。

どれどれ?なんて(笑

Img_1340

いた!
もーオレ興奮!
ミーハーかよっ!
ってくらい興奮!
早速リフトに乗って写真を撮りに行ったよ!

Img_1341

ちょーみてる(笑
ちょーオレのことを見てるよ(笑

あと50cmくらいのところまでリフトが近づいてニホンカモシカを撮影。
ニホンカモシカを見に行ったはずが、オレがニホンカモシカの見世物だったのか!

Img_1342

小さいカモシカもいたよ。

いやあ〜越後湯沢はすごいぜ!

さらに頂上にはゴーカートがあり(休止中だった)ボブスレーもある(笑

Img_1345

Img_1346

ボブスレー、本来ならキャッキャ言いながら乗るオレだが(笑)さすがに寒かったので断念!
しかし、若いカップルがボブスレーにのってちょーテンション上がっていて羨ましかった。
というのもあるが、やっぱり寒かったので断念!

しかし最高の景色だったよ!

Img_1347

Img_1350

Img_1352

そして、たのしかった越後湯沢も最後。
ロープウェイで市内におります。

いやあね、もう最高でしたよ越後湯沢。
とにかく飯がね。
米だよ。
米食って凹むとか(笑
脳から何かがだくだく出てくるですよ。
その何かがオレを腑抜けにするわけ。
湯沢、いや新潟はオレを全力で殺しにきているに違いない!
そしてきっと、将来は湯沢に住んでいるに違いない。
水も綺麗なだけに働いている女性もみんな美人でいいところだよ〜
湯沢ばんざい!

そして最後に。
湯沢では何度もヤスダの商品を食べまくった。
ヨーグルト、アイス、フローズンヨーグルト、そしてアイスシュー。

ヤスダ万歳!

Img_1354

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

グレートマジンガーだコノヤロー!

マジで。

大変ですよ毎日。
原型やってるだけじゃやってけないんです。
工場の手配をしたり契約書書いたり申請書書いたり社会保険支払いに行ったり帳簿付けたり飯食ったり泳いだりうんこしたり早春スケッチブック観たりね。
こんなもん1ヶ月でどれだけできますか?って話ですよ奥さん。
会社って大変だよねえ〜
家から出てねえよ。
いや、家から出てねえよ。
ってくらい引きこもり。
引きこんもりですよ奥さん。

そんな愚痴。

さて、ついには情報解禁が最後となってしまっているこのブログ。
正直、なんかの役に立ってるのか?って最近思いますよ(笑
こんだけ更新がないと誰か見てるのかな?と思ってしまうわけです。

話がそれそうなので戻します。

ボルテスVですよフィリピンのみさん。
ボルテスV受注中です!

0079_160924_k28sgj_h

ボルテスというと、どちらかというと玩具スタイルの方がそれらしく認識されてそうな感じがしますが、悩んだ挙句うちではアニメ版(笑
今までアニメ版できてるからねえ〜アニメ版ですよやっぱり。

そんなわけで革命の象徴でもあるボルテス、受注中!

ボルテスV

よろしく!

さてさて、ついにデコマス完成しました!
ビックワンクラフトの新作はグレートマジンガーだよ!

Gmaz09

なんとサンダーブレークの手首つき!!

Gmaz03

さらに、ブレーンコンドルのおまけつき!

Cond

下はぽっかり穴が空いているので悪しからず。
おまけだからねw

で、きになるでしょ?
ファイヤーオンできるかって。

できません!!(笑
できないのですが、イメージはできるよ。
頭のコンドルが外せてなんとなく乗せられるよ!
あ、これは初画像だ(笑

Imgp4861

まあ、こんな悲しいことになるのであとはみなさんの脳内で完保してください(笑

そんなわけで、グレートマジンガーは10月15日〜10月31日まで受注します!
受注ですよ奥さん!
頑張って生産していただきます!
工場の皆様、本当にありがとうございます!
はしもと玩具店、ひのまるや、マンガ倉庫宮崎店のどこでも注文できます!
じゃんじゃん注文しよう!

で、さらに11月の予定でこんな新作も予定。

Img_1107

ガイバ−1だよ!

レトロソフビとしては新しい取り組みかもしれないのでどんな反応があるのかドキドキです。
でも、せっかく会社にしたのだから他のメーカー様が取り組まない、取り組みにくいものも多く手がけられたら…

と考えてます。
今までのものをリファインしていくだけではいつしか詰まってしまうので、どんどんチャレンジしていきますよ!

まだまだ、10月22日には神田明神でSOFVI EXPO16というイベントにも参加します。
珍しく、うちも限定商品を出します!

Joe

なんとジョーニアスのブルメタ!
基本、限定品ですのでなくなったらすいません。
宜しく哀愁デート!

と古いギャグをかませて。
まだまだ色々とやります!
なんとアレの再販も進行中!
度肝抜きますぜ!
ポセイドンじゃないよ(笑
一番問い合わせが多いんだけど、ポセイドンは色々と難しいのでないです。
と、断言しておきます!
わりとポセイドンポセイドンと言われて疲れてます(笑
ポセイドンと言わないように(笑

という話も置いといて(笑

たまには造形素材の話とか。

最近ですが、スカルピー。
つまりスーパースカルピーなんですが、なぜか仕様変更なのかもおのすご〜く柔らかくなっちゃったんですよ。
ていうか、もともと硬くて練るのにものすごく力が必要だったのが柔らかくなって形を保てなくなっちゃってるのよ。
スライムかって。
スライムじゃねえのかよ!
ってくらい柔いわけ。

こらあなんとかせねば。
って話です。

そこで、1個上のグレードのファームスカルピーというのを買ったわけですよ。

Imgp4784

で、これ、スーパースカルピーよりキメが細かいというのが歌い文句。
まあ使ってみましょうと。
グレースカルピーがわりと肌に合わなかったので(というか、グレーは人の顔を作る時は良いが)ファームを使ってみる。

Imgp4785

いや、逆に。
逆にだよ。
ロットが古すぎたのかボソボソなんよ(笑
油分が抜けちゃって。

さあどうしたものか…

ん?
あれじゃね?
かたやスライムのように柔い。
かたや油分が抜けてボソボソ。
合わせりゃいいんじゃね?
一緒に練りこめばいいんじゃねえの?
ってわけでこね始める。

Imgp4787

ご覧の通り、爪が汚い。
というのは置いといて。
ちょっとつまんだだけでビロ〜ンとなってしまうスーパースカルピーをパサパサのファームスカルピーと合わせる。

Imgp4788

まあね、柔いのと硬いのを混ぜるって大変なのよ。
うまく練りこめなくてね。
柔い部分はブニョッとなるんだけど硬いところはなかなかつぶれない、

でここで登場が棍棒ですわ。

Imgp4789

100円ショップでも売ってるけど、あんまり長くて太いのがないのでホームセンターで買うと良いですよ。
300円くらいで十分なものが売ってます。
で、これをビニールに挟んでぐりぐりやっていきます。

Imgp4790

これを

Imgp4791

こうする。
これを何度も繰り返していくんですよ。
そうするとグレーなスカルピーが出来上がります。

でまあ、使ってみたらまあなんといいますか…

いいね!
いいこれ!

キメが細かくて硬さも加工しやすさもグー。
しゃぶってグーですよ奥さん。
しゃぶってグーって。
なんの話かというとペロジューですよ。
ペロジューって何?
って。
調べてください。

そんなわけで、とても良い相性のファームスカルピーとスーパースカルピーの混合スカルピー。
いっぱい使うのでいっぱい買いました。

Imgp4810

今日も頑張って人形作ります。
またしばらく!(突然終わる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »