« 弊社からのお願い | トップページ

2018年5月18日 (金)

月光仮面

先日書いた記事の反響が結構大きくて、やっぱりみなさんいろんな意味でソフビ製作や具体的な金額とかそういうものにはものすごくキュおみがあるんだな、と。

まあ、あれはなんと言いますかプロデュースするという意味では避けて通れないもので、クリエイティブという面ではその辺のお金の感情とかとは全く別物なんですよね。

『自分の好きな物を作りたい!』

というのと

『売れるのか?』

とか

『利益が出るのか?』

というのは全く別物なのはクリエイトな現場にいる方はよくわかるともいます。
というところを踏まえて、今回は『プロデュース』ではなく『作家』としてのお話をと。

おそらくこの辺もみなさん興味があるのでは?と思います。

まあ、ものつくりの方法論とかやり方とか取り組み方とかは人それぞれだともいます。
僕の場合はね

『どれだけキャラクターとシンクロできたか?』

というのが結構重要で、そのためにDVDを見返したりキャラクターと対話したりしてね。
対話ってなんだよ!って話だけど(笑)その辺は感覚的なお話なので人それぞれ思う部分があり、話したところでわかるものではないと思います。

まあ、僕の場合ロボでもなんでも『キャラクター』として捉えているので特徴的な部分から捉えていくわけです。
例えば、それはキャラクターの特性だったり、アニメならキャラクターに重点を置くのかアニメーターさんが何を意図して描いたのか?
とか。
特撮ならキャラとしてのヒーローや怪獣なのか、スーツアクターの特徴を前面に出すか、脚本家が伝えたかったものを前面に出すか。
そういうところから捉えて、キャラになりきる(笑)もしくは伝えたいところを『汲み取ってあげる』というイタコのような作業をしております。

で、今回墓場の画廊様にて『月光仮面』と『レッドバロン』のイベントのお話をいただいて、月光仮面もレッドバロンも両方商品化を考えていたんですね。
おそらく

『レッドバロンのプリケッツが出る!』

と思った方も多かったと思うし、僕もそう思っていた。

でもね、それは『月光仮面』の製作に入ってひっくり返ったのです。
ちょっとわかりづらいんと思うんですが、月光仮面を制作しながらいつも通り月光仮面とシンクロしていくと、とても不思議な気分になってきて…
まるで仏像を彫っているかのようなトランス状態になっていくんです。
で、そんな話を宣弘社の方とお話ししていたら、やはりその

『月光仮面が背負ったもの』

というところに話が行き着いてね。
月光仮面は戦後のGHQの不平等条約でアメリカのテレビ番組を買わされ、放送させられていた。
そういうことに対して危惧した川内康範先生が国産第1号のテレビ映画仮面ヒーローを作り出す。
それは『戦後』という時代と一気に成長していく『日本』というものを月光仮面が背負って生きてきた。

そういう日本の『情念』を『月光仮面』という箱を借りて時代を駆け抜けたのではないか?と。

そこでオカルト好きの俺としては(笑)『四谷怪談』を思い出すのね。
あれって虚構の話やん?
でもお岩さんの悲しい呪いがあって、実際未だにお参りしないと不思議な現象が起きるという。
全く実在しないこのお話『四谷怪談』という箱を借りていろんな『憎念』が『実在』してしまっているというのはとても説明できない話だ。

月光仮面からオレ自身はそういうわけのわからない『戦後の日本の情念』を背負ってるんじゃないかなあ…
と勝手に思ってしまっております。

恐ろしいことに、月光仮面を見てみるとそこから10年で風景がガラッと変わっているん出すよ。
なんだか田園風景のような街並みが今の東京、渋谷や新宿だったりしていて10年もしていないにウルトラマンの登場ですよ?
驚くべき成長をしてるんですね、日本は。
後にも先にもこんなヒーローはいないだろう、という意味でも月光仮面を丁寧にやらなければいけない!
という変な使命感が出てしまって(笑)今回は月光仮面に全てをかけようと。
色々な方に『大丈夫?』と言われたけど、今この60周年にやらなければ貴重な日本の成長を忘れてしまうだろう、という気持ちが大きくなった不思議な作品であります。

クリエイトをしていくといろんな思いと思いがけず出会えるものです。
かしこ
Img_0954
Img_0870

|

« 弊社からのお願い | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183057/66731337

この記事へのトラックバック一覧です: 月光仮面:

« 弊社からのお願い | トップページ