ビックワンクラフト

2018年8月29日 (水)

プリケッツ祭り!

お久しゅうございます。
なんとなく人形作って生きてますどうも僕です。
あれですな。
まあ長く記事が残ってしまうのがこのブログというものの性質でして、ちゃんと日時を書きますと今日は平成30年、つまり2018年ですな。
8月もすでに29日となっておりますな。
去年は冷夏に悩まされましたが今年は猛暑、さらには豪雨というとんでもない気象でございまして、気圧の変化に弱い私としてはとても大変な1年になりそうですな。
ちなみに、気圧の変化に左右されるととされない人がおるそうですな。
お酒が得意、苦手という感覚でいるそうですな。
とにかく私は気圧に弱い体質なので早く良い気候になって欲しいですなあ…
さて、長らく更新していないうちに『プリケッツ祭り』というのが開催されておりますな。
墓場の画廊 プリケッツ祭り
さすがにこれは短い文章でお伝えするのが難しいのでブログにしますなあ…
まあ皆さんもご存知の通り、プリケッツという弊社の低価格商品で皆さんに楽しんでもらうシリーズがあるのですが、ついに生産1万個突破ということもあって墓場の画廊様で特別にイベントを開催していただいてるわけです。
それにちなんで、各メーカー様にご許諾いただきなんと!
今まで原型に携わった9割方の製品を展示!
という暴挙が達成できました。
思えば、アタクシ自身があまり自分の仕事を振り返ることがないので、見本をいただくと関連のお仕事がない限りは箱の中…
あれなんですよ。
和歌山に有名なお人形供養をする神社があるらしいのですが、そこの神主さんが
『人形は見られるのがお仕事なんです。なので見られるためにいろんな努力をするんですよ。例えば、髪が伸びたりとか(笑』
なんて話を聞くと、箱にぎゅうぎゅうに押し込めてしまってるオレは心がキューっとなるわけです。
でもしまってるけどね。
そんなわけで、今回はこのような形でご供養できたということも大変嬉しい限りでございます。
で、とにかくこのプリケッツ祭りですが、本当にすごいんですよ!
展示もさることながら、現在入手可能なプリケッツやちょっとだけスタンダードソフビと大量の販売物があるですよ。
もうね、圧巻!
これだけの商品を一人で集めて生産したのかあ…
と自画自賛すること請け合いなのですが(笑)何より、関わっていただいた版元様、メーカー様、販売店様、さらにはお手にとっていただいたみなさま全ての力がなければここまでのものは生産できませんでした。
本当に全ての方に感謝です!
そして、とにかく1日かけて、朝早くから夜遅くまで。
僕が打ち合わせで途中抜けたとしても黙々と展示・レイアウトをしていただいた墓場の画廊のスタッフ様。
とにかくその姿に感極まってしまい、涙で枕が濡れました。
本当に、大大感謝です!
ありがとうございました!
そんなわけで、館内の様子です。
Img_3680
圧巻のプリケッツ。
全ての色…
というわけにはいきませんが、9分9厘並び切ったかと思います。
作例なんかもちょびっとあります。
中でも盟友・志条ユキマサさんのプロのフィニッシャーの腕は最高です!
ぜひ実物をご覧ください!
Img_3679
とにかくこの感じでプリケッツプリケッツプリケッツですわ。
あるだけ出してます!
Img_3681
Img_3678
漫画原稿なんかもあります。
なんと1話分乗っかってます(笑
カラーもあるよ。
Img_3682
Img_3683
そして圧巻の展示!
早速外国の方が記念写真を撮ってました(笑
とにかくほとんどのお仕事がここで見られます。
こんなことはないので今のうちに見ておきましょう!
そして、ぜひ展示会を!という奇特な方がおられたらいつでも(笑
まあなんと言いますか、これを『個展』という立ち位置でなく『プリケッツ祭り』というスタンスで開催しているのがいかにもワタクシらしくて嬉しい限りです。
そしてさらに、9月1日は一日店長、この場合は墓守かな?(笑
朝から15時頃まで店内にいます!
プラモ狂四郎のクラフトマンの店長みたいな(笑
わかんねえか、それじゃ。
まあいいわ。
とにかく皆さん遊びに来てください!!
最後に、ここまでの展示会ができた関係者様方、わがままにお付き合いいただいている版元様、いつも無理を聞いてくださる工場の方々、メディコムトイを始め各メーカー様。
そして墓場の画廊のスタッフの方々。
何よりいつも支えてくださるファンの方々。
全ての方に熱く御礼を申し上げます!
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

月光仮面

先日書いた記事の反響が結構大きくて、やっぱりみなさんいろんな意味でソフビ製作や具体的な金額とかそういうものにはものすごくキュおみがあるんだな、と。

まあ、あれはなんと言いますかプロデュースするという意味では避けて通れないもので、クリエイティブという面ではその辺のお金の感情とかとは全く別物なんですよね。

『自分の好きな物を作りたい!』

というのと

『売れるのか?』

とか

『利益が出るのか?』

というのは全く別物なのはクリエイトな現場にいる方はよくわかるともいます。
というところを踏まえて、今回は『プロデュース』ではなく『作家』としてのお話をと。

おそらくこの辺もみなさん興味があるのでは?と思います。

まあ、ものつくりの方法論とかやり方とか取り組み方とかは人それぞれだともいます。
僕の場合はね

『どれだけキャラクターとシンクロできたか?』

というのが結構重要で、そのためにDVDを見返したりキャラクターと対話したりしてね。
対話ってなんだよ!って話だけど(笑)その辺は感覚的なお話なので人それぞれ思う部分があり、話したところでわかるものではないと思います。

まあ、僕の場合ロボでもなんでも『キャラクター』として捉えているので特徴的な部分から捉えていくわけです。
例えば、それはキャラクターの特性だったり、アニメならキャラクターに重点を置くのかアニメーターさんが何を意図して描いたのか?
とか。
特撮ならキャラとしてのヒーローや怪獣なのか、スーツアクターの特徴を前面に出すか、脚本家が伝えたかったものを前面に出すか。
そういうところから捉えて、キャラになりきる(笑)もしくは伝えたいところを『汲み取ってあげる』というイタコのような作業をしております。

で、今回墓場の画廊様にて『月光仮面』と『レッドバロン』のイベントのお話をいただいて、月光仮面もレッドバロンも両方商品化を考えていたんですね。
おそらく

『レッドバロンのプリケッツが出る!』

と思った方も多かったと思うし、僕もそう思っていた。

でもね、それは『月光仮面』の製作に入ってひっくり返ったのです。
ちょっとわかりづらいんと思うんですが、月光仮面を制作しながらいつも通り月光仮面とシンクロしていくと、とても不思議な気分になってきて…
まるで仏像を彫っているかのようなトランス状態になっていくんです。
で、そんな話を宣弘社の方とお話ししていたら、やはりその

『月光仮面が背負ったもの』

というところに話が行き着いてね。
月光仮面は戦後のGHQの不平等条約でアメリカのテレビ番組を買わされ、放送させられていた。
そういうことに対して危惧した川内康範先生が国産第1号のテレビ映画仮面ヒーローを作り出す。
それは『戦後』という時代と一気に成長していく『日本』というものを月光仮面が背負って生きてきた。

そういう日本の『情念』を『月光仮面』という箱を借りて時代を駆け抜けたのではないか?と。

そこでオカルト好きの俺としては(笑)『四谷怪談』を思い出すのね。
あれって虚構の話やん?
でもお岩さんの悲しい呪いがあって、実際未だにお参りしないと不思議な現象が起きるという。
全く実在しないこのお話『四谷怪談』という箱を借りていろんな『憎念』が『実在』してしまっているというのはとても説明できない話だ。

月光仮面からオレ自身はそういうわけのわからない『戦後の日本の情念』を背負ってるんじゃないかなあ…
と勝手に思ってしまっております。

恐ろしいことに、月光仮面を見てみるとそこから10年で風景がガラッと変わっているん出すよ。
なんだか田園風景のような街並みが今の東京、渋谷や新宿だったりしていて10年もしていないにウルトラマンの登場ですよ?
驚くべき成長をしてるんですね、日本は。
後にも先にもこんなヒーローはいないだろう、という意味でも月光仮面を丁寧にやらなければいけない!
という変な使命感が出てしまって(笑)今回は月光仮面に全てをかけようと。
色々な方に『大丈夫?』と言われたけど、今この60周年にやらなければ貴重な日本の成長を忘れてしまうだろう、という気持ちが大きくなった不思議な作品であります。

クリエイトをしていくといろんな思いと思いがけず出会えるものです。
かしこ
Img_0954
Img_0870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

弊社からのお願い

何やら本当に久しぶりのブログで本当に恐縮です(笑

すいません、忙しいことこの上ないのですがこの業界も海外から熱が高まり現在では『買う』人より『作る』人の方が多くなってるのではねえか?(笑)と思うような昨今です。
で、そう言う業界の流れにあって

『作りたい!』

というご相談はいろいろ受けるようになりました。
もちろんこう言う性格なのでご協力させていただくことがありますが、やはり

『作ってみたい』

と言う感じはありつつも

『全然わかりません』

と言うご相談も多く、しまいには

『ソフビ製作についていろいろご相談したのですがお会いできませんか?』

と言うメールまでいただく。
業界として、非常に活気付いて良いことですがこちらも非常に激務ですのでまずお願いしたいのが

・御社の作りたいものはなにか?
・どれくらい作りたいのか
・御社の経歴、どんな業務内容、代表作(HPへの誘導)
・金額を3桁万円用意できるか?

という最低限の情報をいただきたいです。
『お打ち合わせする』ことは良いのですが、こちらも作業を中断してのお打ち合わせとなりますので、着地点の見えないものでのお付き合いは損失になってしまいます。

と言う、めんどい話もいっぱいあるので。
ぶっちゃけみんなが知りたい業界のタブー

『ソフビって安く作れるの?』
『ソフビで生活したい』

という質問に答えちゃいますよ。
その方が早いと言うか(笑

では、ソフビを安く作るために自分ができる最低限の作業、の流れを

・原型を作る
・ワックスに転換する
・緩着を作る
・金型製作依頼をする
・成型を依頼し、成型色を指定する
・成形品が届く
・バリカットをする
・穴あけをする
・塗装のために全てのパーツにマスキングをする
・量産塗装をする
・組み上げる
・ヘッダーのデザインをする(PL法に引っかかるのでアマチュアでも作ろう!)
・ヘッダーの印刷依頼をする
・アセンブルをする
・通販の告知をする
・メールのやり取りをする
・発送

これを全部一人でやれば弊社のスタンダードウルトラマンくらいのものを100個作って40〜50万円くらいでできます!
ボーナス1回分よりも安くできますよ!

で、これで食べて行きたければ月に1〜2体製作して、確実に100体売れば貧乏生活できるくらいに生きていけます!

で、これらができない、人に任せたい!
と言うのであれば最低150万円用意してください。
全てにお金と人件費がかかります。
と言う話をすると大抵みんな無理と言います(笑

でもね、150万円でおもちゃが作れるってすごいことなんだよ。
いかにみんな低賃金でお仕事を受けていただいているか?
と言うのを本当に痛感します。

正直これで

『高い』

と思うのであればそれはソフビ、製作者、関係者に対するリスペクトがないのでお辞めになられた方が良いと思います。
ちなみに、僕はこのほかに

・版権元様に商品化申請書を提出
・監修
・修正
・本申請書の提出
・契約書ドラフトの確認
・契約書にサイン押印
・版権使用料の支払い
・見本提出

もやってます。
全部一人でやってます。
月に2〜3種やってます。
アセンブルだけはお手伝い願ってます(笑
で、注文と販売に関してはきちんと掛け率を設定し、販売店様に販売価格よりも安くお店に卸します。

大事なことは、携わった方々にきちんとお金をお支払いしお願いすること、です。
なので気軽に『会いましょう』ということができません。
なるべく、煮詰めた状態でお話をいただかないと正直損失分を請求したくなります(笑
いや、なんでこんなこと書いたかと言うと、とにかく『お会いしたい』という方々に毎度毎度同じようなメールのやり取りが本当に大変で、作業を切迫してしましまうます。
申し訳ないな、と思いつつスルーすることもあります。(ツイッターも容赦なくスルーします笑)
そんな時、

『このURLひっぱればいいんじゃん?』

って思ったのよ(笑
あ、こんなこと書いたら引っ張れねえやん(笑

そんなわけで、とりとめもなく終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

ファイル002 レッドバロンシリーズ

アーカイブファイルシリーズ002

宣弘社 レッドバロンから
レッドバロンシリーズです。

レッドバロンですが、製作はシルバー仮面よりも早く手がけていましたが、ロボということもあり、難航。

先にシルバー仮面が発売されます。

2011年6月にレドバロンがいよいよ出来上がります。

Red01

シルバー仮面が非常に数字が悪かった。
ということもあり、次回はきちんと戦略しよう!
と考え、ショーケースを借りてサンプルを展示したり、当時最も熱かった模型のSNSを駆使したり、海外の宣伝用にフェイスブックを始めたりととにかくできる事をやりました。

Red02

いまさらイベントなんて…
と及び腰の怪獣軒を焚きつけて…
と言ってもこのころの怪獣軒はお身体を悪くし、入退院を繰り返しておりシルバー仮面の原型の打ち合わせも病院の外出許可が出た時に打ち合わせをする…
という状況でした。
そんな中でスーフェスに出ましょう!
と言った手前、僕自身が怪獣軒の席に座り、レッドバロンのサンプルを飾って予約注文をとる。
という手法に出ました。

Red03

とにかくシルバー仮面の反省部分を踏まえて、顔のラインのみ塗装マスクを製作してもらい、あとはハンドペイントしました!
かなり大変な作業でしたら、のちに技術が向上したという面では貴重な体験だったと思います。
エアブラシというのもこの時期ようやく覚えて(笑)ソフビカラーの粘土質と戦いながら、重塗装というバージョンも発売しました。

Red04
元々、成型色の『赤』というのはディーティールがどうしても死んでしまい、自分が意図したというか、頑張った(笑)モールドが見えにくくなってしまうんです。
が、どうしてもレッドバロンとして赤以外の決定版というのは劇中色なのでありえないので、なんとか赤で美しく見える方法はないかな?
と試した手法です。

Red05

おかげさまで、怪獣軒レッドバロンは大好評で想像以上のロングセラーとなりました。
ただ、そのたびに僕が色を塗らなければならないという(笑
こんなことなら塗装マスクを作った方が良かったのでは?
というのも後の祭りで、どうしてもそういう部分を予測して生産することは難しい、とおいうのがメーカーの悩みですね。

そして、レッドバロンシリーズはそれから約1年と半年。
2012年12月についに鉄面党ロボが登場となります。

Tolo01

トロイホースの登場です!
トロイホース自体のワックス原型は夏ころに上がっていたのですが、実のところ右腕のドリルがボトルネックで成型不能だったんです。
そのために再度右腕を作り直し、上腕部とドリルとをパーツわけし、逆にプレイバリューが増えた(笑)仕様として発売されました。

Tolo02

このトロイホースを製作する前に、マッハバロンを製作したのですが、ワックスに慣れていない上にヒケを泡に悩まされ、自分の思い通りにできなかった。
というのがあり、トロイホースで悔しさのその全てを注ぎました。
怪獣軒は未だに
『トロイホースのワックスはすごかった。あれは未だに忘れない』
とおっしゃってます(笑
それくらいマッハバロンでの悔しさがあったし、全てをぶつけてやろう!という気持ちで取り組みました。

Tolo03

敵メカは売れない、というセオリーがありましたがなかなかの及第点。
おばけアイテムのレドバロンと比べたらそりゃ圧倒的に少ないのですが、しっかり利益が出るほどの結果でした。
また、トロイホースの原型展示をスーフェスで行った際、とある方がブースにいらっしゃいました…

『すいません、あべさんですか?ファンです』

といろいろお話をしていると、お名刺をいただき仰天!
ここで初めてメディコムトイの社長の赤司さんをとお会いすることとなり、以降怒涛のようにお仕事をいただくこととなります。
が、これはまたの機会に。
というか、『ファンです』って偉い方なんですから!普通にご挨拶いただければ良かったのに!偉そうに語っちゃいましたよ!という気持ちをそっと心の奥にしまいました(笑

そして、さらに…
時は2014年。
実に2年後。
怪獣軒レッドバロンをメディコムトイで販売できないか?
という打診を怪獣軒からありました。
という赤司さんからご連絡いただいて、実は僕の心の中では一つの心残りがあったんです。

それは
『レッドバロンをリニューアルしたい!』
という気持ち。
原型師として時間とともに、もちろん製作数が増えれば技術も上がります。
そんな中での原型師としての不満な部分をもう一度チャレンジしたい。
特にレッドバロンは最初のキーとなる作品だけにその思いはかなり強かった。
というのがありました。

そこで無理を言って新作原型でレッドバロンが登場します!

それがこのレッドバロンインターナショナルver.

Red001

2014年10月に発表されました。
より劇中に近づけたレッドバロンとして製作しました。

Red002

最初のレッドバロンを作った時には資料不足だった部分を、DVDをコマ送りし、できる限りのディティールを再現しました。
気がつかなかったビスの部分などかなり調べ上げました。

非常に気に入っておりますが、かと言って旧レッドバロンがどうというわけでなく、全く違ったベクトルで商品ができたと思います。

ちなみに、旧レッドバロンはこのリニューアルバージョンが出るにあたって生産を終了しましたが、2016年の宣弘社テレビコンサートにあたり一度だけ復刻生産しております。
こちらも生産終了、在庫ある分で終了となりますのではしもと玩具店様にお問い合わせください。

さて、やっぱりソフビはガシガシ遊ぶもの。
レッドバロンだけでなく敵メカが出たというのは奇跡的だと思うし、だったら遊ばないと損!(笑

Redvs01

Redvs02

旧レッドバロン重塗装とトロイホース重塗装の対決!
絵になります!

Redvs03

Redvs04

Redvs05

リニューアル版との対決は劇中版に近づけただけあってまるで本物のよう!
やっぱりソフビはこういう遊び方が楽しいですね!

では、次回のファイル003ではピープロ特集の予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

ファイル001 シルバー仮面シリーズ

突然ですが、ブログをリニューアルいたします!

今までのようなフリーダムな感じではなくなりますがどうぞよろしくです。
基本、色々とご質問が多い

『今までどんな作品があったの?』

という、ものすごいペースで作っているオレの作品に、ちょっと気を気を抜いたおかげで何が出ているのかわからなくなってしまう。
そんな方々のためにアーカイブしていこうかと思ってます。
というのも、今までは新製品をご紹介していくつもりが、当ブログは非常に文字数が多く(笑)書くのに非常に時間がかかるために一番情報が遅いという本末転倒なことが続いておりました。
であれば、ツイッターのように刹那的に流れていくものよりは長くWeb上で閲覧していただけるブログ形式の特徴を生かしてアーカイブ的な使い方が一番なのかな?と。

そんなわけで、一番早情報はツイッターの方で(笑
そちらの方が、作家としてフリーダムな発言が多いので面白好きの方はそちらで(笑

あべ♨︎とおるtwitter

さらには面白かった作品、オススメ作品やグルメに目覚めたオレの食い道楽を強引に聞かされるという拷問もあるので要注意ですよ!(笑

ではリニューアルした『あべ♨︎とおるの作ってなんぼ』スタートです!!

第1回『シルバー仮面シリーズ』

アーカイブシリーズ第1弾となるのはもちろんシルバー仮面。
怪獣軒より2010年に発売されました。
2009年夏ころにワンフェスにて当日版権『ミニ合体アストロン』のレジンキットを発売した際に、盟友怪獣少女のおおさかさんから

『ソフビの原型をやってみませんか?』

ということで怪獣軒を紹介してもらいました。

そして、2010年4月、ついにシルバー仮面でデビューします!

Sil01
Sil02
Sil04


同時に二期カラーも発売されました。

Sil05

当時品を踏襲したカラーです。

当時はソフビブームもすっかりさっていた時代だったのでほうんとうに売れず、イベントでは2個(!)という結果にがっかりして帰宅したのは未だに強烈に覚えてます。…


またシルバー仮面シリーズは2012年7月にキルギス星人も製作しました。

Kil01

Kil02
Kil03

元々シルバー仮面シリーズはヤモマークの土岐さんが造形をされていて、僕のシルバー仮面はその土岐さんのものよりもかなり大きく29cmほどありました。
というのも、僕のシルバーよりも先に他の方の原型でタイタン星人が進んでいましたが、それが30cm近くあり、それに合わせて欲しいという事でした。

しかし、やっぱりおおきいね!って話で(笑
キルギス星人でまた大きさを戻しました。
約26cmほどです。

このキルギス星人、3種ほど色変えがあったかと思います。
(すいません、これしか残ってません)

敵がいるということはソフビの醍醐味ですね!
遠近法を使えばめっちゃ楽しめます!!(笑

Kil04

そのまま長らくシルバー仮面は金型の行方が分からなくなってしまい、大探索!
宣弘社様と偶然お会いすることができて、宣弘社テレビコンサート時になんとかアニバーサリーのシルバー仮面を出せないかな?
とも猛烈にに探した結果、見事発見!
せっかくなのでクリアーにしよう!と!!

Silo6

Sil07

添付されたカードを切り抜いて差し込むと、変身シーンも再現!

Img_0122

モールを入れ替えればカスタム品もできる!
という売りで販売。

Sil

では、今回はデビュー作シルバー仮面と付随したキルギス星人のデータフェイルでした!
次回はレッドバロンシリーズでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

2016年よさようなら・総括編

早いよねえ〜
1年ってほんと早いよ。

ちょっとソフビ業界も色々と動きがありまして、工場ができたりなくなったりで、色々と調整が大変になってきましたよ。
特に今年は海外のファンがソフビを作り始めたり小さいソフビが席巻するようになったりと。
まあ工場の問題は以前から色々言われてますが、ご高齢の方が非常い多いということもあってね。
本当に今後どうなるの?
と思いきや、若い方が始められたり。
とはいえ、昨日今日始めました!
と言ってできるような技術ではないのでどうしてもスタートは大変かと思います。
うちもできる限りご協力できたら良いなあ…
と考えているうちに、なんだかうちの商品が思いのほか遅れもなくしっかり出来上がってきていて、本当に工場の方々には感謝の気持ちでいっぱいな2016年でござんした。

で、そんなこんなもあって自分ブレンドのワックスを調合したり緩着を試しに作って見たりと色々な実験をこの忙しい中やってきて、もう死にそうです(笑
ワックスの調合はね、思った以上に楽しいのよ。
10種くらいのワックスを試してみて温度調節とかするわけですよ。
方程式作ったりしてね。
だんだんいい感じのものができてきたので、金型屋さんに一度使えるかどうか試していただこうかと思ってます!
この工程が面白いんだけど、ないしょだよ〜だ!(笑

でもあれでしょうかね。
今年一番の出来事はやっぱり会社にしたことかな。
『会社にする意味がわからねえ』
と言われるかもしれないけど、会社って大切なのよ。
まず、うちのように二次権利を許諾していただく商品を作っているところはどうしても法人である必要があるんですね。
そういう意味で言うと、今年はダイナミック様、円谷様を始めKADOKAWA様や宣弘社と次々におつきあいをさせていただけることになりました。
すごいことだよねえ〜
もちろん、まだまだお願いを広げてより多くの商品開発をできるように努めます!

まあこれも、怪獣軒・メディコムトイ様をはじめ、なにより支えていただいてる皆様の賜物でございます。
おかげさまで12月までの弊社の経営状態はかなり良いです!(笑
もちろん、売上度外視のものもどんどん投入しますんで2017年もよろしくお願い致します!

という前置き。
というかまとめ。

早速12月の情報だよ!

まずはおなじみのメディコムトイ様の新作情報だ!

Dougramreal161224_h01
0222_1601224_x72e6z_h_2

ダグラムリアルタイプカラーとソルティック!
ダグラムは以前グレーだった部分をシルバーに!
なんかあれだよね、シルバーに塗ると1/48ダグラムを一生懸命に塗装した少年時代を思い出してグッときますよ(笑

そしてついに、コンバットアーマーシリーズでソルティックが登場ですよ。
すごい冒険だよねえ。
まあ原型製作しているオレにとっては最高に楽しいお仕事だけど、敵アイテムもしっかりプロデュースするメディコムはさすがですよ。
ズイズイシリーズが続くといいよなあ…
というか、コンバットアーマーだけでなく色々な敵メカが出ると嬉しいよね!

燃えてきますよ!

そして、ついにこれが出ます!

昔、超人キンタマンというのがありましてね。
キンタマンとオガンダムとお面ライダーというのがいて。
キンタマンが
『出動だ!』
というと
オガンダムが
『ラジャー』
と言って、お面ライダーが
『ブラジャー』
というしょーもないギャグを思い出してしまうんですが、それは余談として。

『科学忍者隊!出動!』
『ラジャー!』

0232_1601224_x72e6z_h
0235_1601224_x72e6z_h

科学忍者隊ガッチャマン!

すげえ…
ついにタツノコジェネレーションもここまできましたか!
オレ的にはそろそろ大左衛門の赤フン姿とにしはじめのBLセットか?
という気分だったが(笑
ガッチャマンですよ!
あの笹川ひろしが語っていた
『ガッチャマンだけは手を出すな!』
と言わしめた制作側を泣かせたくらいアニメを作るのが大変だったそうですよ。
そんなガッチャマンの登場ですわ。

とにかく、タツノコは物心つく前から意識の最下層に根付いているアニメシリーズなので、そりゃ燃えますよ。

で、このガッチャマン。
もちろんヘルメットはクリアパーツ、脱着式でっせ!

C0asypuveaagyxy
C0asarkviaam3qw

C0bq_paviaakbxu
C0brbuyuqaiois

もうオレの全てをかけて顔作りましたよ!

そんなわけでメディコムトイ新作をよろしく!

メディコムトイ

本当は、もう1個新作があったんだけどもうちょっと待っててね!
来年発表かな?

ではでは、2016年は大変お世話になりました!
オレはまだまだ仕事納めじゃないよ!(笑
12月31日が仕事納め。
1月1日が仕事始めじゃ!

ブラック!
ブラック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

ガイバー始まるよ!

コンチクショーッ!

最近は素敵なお菓子が出てるじゃないですか。
割愛するけど。
割愛するけどね。
食べちゃうよね〜
美味しいお菓子。
食べちゃうよねえ〜

話は飛ぶが、最近光テレビで日本のドラマばっかり見てるんだけど、倉本聰と山田太一はやっぱり面白いよねえ〜
割愛するけど。
割愛するよ。

だって話が長くなるもん。
そんな前置き。

なんだかんだで今年も師走じゃないですか。
そりゃ忙しいですよ。
師走って師も走るんでそりゃ忙しいですよ。
そりゃお菓子も進みますよ。
素敵やん?
雪の宿あまおう味とか素敵やんか。
割愛するけど。

という話は置いといて。
ついに発売しますよ!

強殖装甲ガイバーより
ガイバー1だ!

Guy01

ちょっとね、金型に不具合があったり修正したりで。
他にもいろんなトラブルに遭ってしまい、どんどん遅れてしまったけど。
無事できたよ!
よかよかです!

Guy02

12月10日より、いつも通りひのまるや、マンガ倉庫宮崎店、はしもと玩具店にてご予約開始!
今回は定数に達したら終了いたします!
ほんとは、受注にしたかったんだけど、年末年始にかかってしまい、版元様や工場の方々にご負担をかけることはできないなあ…
ということになりまして。
まあ追加製造しますんでそれはそれで焦らずにという感じで許してください!

Guy06

いい感じで成形品も上がってきたよ!

Img_1479

さてさて。
グレートマジンガー、ほぼほぼ発送完了しました!
到着までもう少々お待ちくださいね!
というか、皆様のおかげで、到着後のSNS等で画像をあげていただいたおかげでしょうか。
今になってすごい反響です!!(笑
受注中に話題になって!(笑

そんなわけで、弊社商品の現在庫状況のお問い合わせも多く、定期的にお知らせすることにしましたよ!

12/6日在庫状況

もちろん、かなり在庫は少ないけどね。
継続商品はポッと入荷したりしますのでショップの方々にお問い合わせくだだい!

ほんとうにね、皆さんのおかげで4月から始まったうちの会社もなかなかの軌道に乗ってきまして、1年目でもしっかり利益が上がっております。
ちょっとだけど(笑。

決して安い商品ではありませんが、メーカー・工場・ショップとそれぞれに利益が生じ、まあうちはメーカーなんですが、メーカーがしっかり職人さんたちにお支払いをする。
そういう積み重ねで業界が生き残れるわけで、どれが欠けても商品を出すことはできません。
そのためには高額商品を少しでもご満足いただけるよう日々精進してまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

というか、まだ今年の総括には早いんだけど(笑
まだいっぱい仕事残ってんのよ2016。
まだまだ2016年は終わらないわよ!
オカマよ!
終わらないオカマよ!

そんなわけで、はしもと玩具店さまにてメディコムトイ様のゲッター3レトロカラーを受注中です。

Getter3_161101 で、たまにはここが一番早い情報も解禁。
ここが一番早いわけでもないけど(笑

来年1月のスーフェスにて先行販売予定のウルトラセブンレトロカラーとイカルス星人。

Img_1478

Ikarusu

ウルトラセブンはいつも通りの9720円だけど、イカルス星人は勉強しました!
めっちゃ作業工程を削除して衝撃のプライスで登場予定です!
お見逃しなく!

今回はここまで!
近いうちに新作発表しないといけないので(メディコムのね)ここでおしまい!

バイナラ。
バイナラってどこまでの世代が知ってんねん。
バイナラって。
死語かよ!
死語といえば、今年の流行語大賞にオレの今年一番の流行がノミネートされずにがっかりだよ!
アレアレ!
世を席巻したあのフレーズ!
もちろんみんな知ってるよね?

終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

グレートマジンガーだコノヤロー!

マジで。

大変ですよ毎日。
原型やってるだけじゃやってけないんです。
工場の手配をしたり契約書書いたり申請書書いたり社会保険支払いに行ったり帳簿付けたり飯食ったり泳いだりうんこしたり早春スケッチブック観たりね。
こんなもん1ヶ月でどれだけできますか?って話ですよ奥さん。
会社って大変だよねえ〜
家から出てねえよ。
いや、家から出てねえよ。
ってくらい引きこもり。
引きこんもりですよ奥さん。

そんな愚痴。

さて、ついには情報解禁が最後となってしまっているこのブログ。
正直、なんかの役に立ってるのか?って最近思いますよ(笑
こんだけ更新がないと誰か見てるのかな?と思ってしまうわけです。

話がそれそうなので戻します。

ボルテスVですよフィリピンのみさん。
ボルテスV受注中です!

0079_160924_k28sgj_h

ボルテスというと、どちらかというと玩具スタイルの方がそれらしく認識されてそうな感じがしますが、悩んだ挙句うちではアニメ版(笑
今までアニメ版できてるからねえ〜アニメ版ですよやっぱり。

そんなわけで革命の象徴でもあるボルテス、受注中!

ボルテスV

よろしく!

さてさて、ついにデコマス完成しました!
ビックワンクラフトの新作はグレートマジンガーだよ!

Gmaz09

なんとサンダーブレークの手首つき!!

Gmaz03

さらに、ブレーンコンドルのおまけつき!

Cond

下はぽっかり穴が空いているので悪しからず。
おまけだからねw

で、きになるでしょ?
ファイヤーオンできるかって。

できません!!(笑
できないのですが、イメージはできるよ。
頭のコンドルが外せてなんとなく乗せられるよ!
あ、これは初画像だ(笑

Imgp4861

まあ、こんな悲しいことになるのであとはみなさんの脳内で完保してください(笑

そんなわけで、グレートマジンガーは10月15日〜10月31日まで受注します!
受注ですよ奥さん!
頑張って生産していただきます!
工場の皆様、本当にありがとうございます!
はしもと玩具店、ひのまるや、マンガ倉庫宮崎店のどこでも注文できます!
じゃんじゃん注文しよう!

で、さらに11月の予定でこんな新作も予定。

Img_1107

ガイバ−1だよ!

レトロソフビとしては新しい取り組みかもしれないのでどんな反応があるのかドキドキです。
でも、せっかく会社にしたのだから他のメーカー様が取り組まない、取り組みにくいものも多く手がけられたら…

と考えてます。
今までのものをリファインしていくだけではいつしか詰まってしまうので、どんどんチャレンジしていきますよ!

まだまだ、10月22日には神田明神でSOFVI EXPO16というイベントにも参加します。
珍しく、うちも限定商品を出します!

Joe

なんとジョーニアスのブルメタ!
基本、限定品ですのでなくなったらすいません。
宜しく哀愁デート!

と古いギャグをかませて。
まだまだ色々とやります!
なんとアレの再販も進行中!
度肝抜きますぜ!
ポセイドンじゃないよ(笑
一番問い合わせが多いんだけど、ポセイドンは色々と難しいのでないです。
と、断言しておきます!
わりとポセイドンポセイドンと言われて疲れてます(笑
ポセイドンと言わないように(笑

という話も置いといて(笑

たまには造形素材の話とか。

最近ですが、スカルピー。
つまりスーパースカルピーなんですが、なぜか仕様変更なのかもおのすご〜く柔らかくなっちゃったんですよ。
ていうか、もともと硬くて練るのにものすごく力が必要だったのが柔らかくなって形を保てなくなっちゃってるのよ。
スライムかって。
スライムじゃねえのかよ!
ってくらい柔いわけ。

こらあなんとかせねば。
って話です。

そこで、1個上のグレードのファームスカルピーというのを買ったわけですよ。

Imgp4784

で、これ、スーパースカルピーよりキメが細かいというのが歌い文句。
まあ使ってみましょうと。
グレースカルピーがわりと肌に合わなかったので(というか、グレーは人の顔を作る時は良いが)ファームを使ってみる。

Imgp4785

いや、逆に。
逆にだよ。
ロットが古すぎたのかボソボソなんよ(笑
油分が抜けちゃって。

さあどうしたものか…

ん?
あれじゃね?
かたやスライムのように柔い。
かたや油分が抜けてボソボソ。
合わせりゃいいんじゃね?
一緒に練りこめばいいんじゃねえの?
ってわけでこね始める。

Imgp4787

ご覧の通り、爪が汚い。
というのは置いといて。
ちょっとつまんだだけでビロ〜ンとなってしまうスーパースカルピーをパサパサのファームスカルピーと合わせる。

Imgp4788

まあね、柔いのと硬いのを混ぜるって大変なのよ。
うまく練りこめなくてね。
柔い部分はブニョッとなるんだけど硬いところはなかなかつぶれない、

でここで登場が棍棒ですわ。

Imgp4789

100円ショップでも売ってるけど、あんまり長くて太いのがないのでホームセンターで買うと良いですよ。
300円くらいで十分なものが売ってます。
で、これをビニールに挟んでぐりぐりやっていきます。

Imgp4790

これを

Imgp4791

こうする。
これを何度も繰り返していくんですよ。
そうするとグレーなスカルピーが出来上がります。

でまあ、使ってみたらまあなんといいますか…

いいね!
いいこれ!

キメが細かくて硬さも加工しやすさもグー。
しゃぶってグーですよ奥さん。
しゃぶってグーって。
なんの話かというとペロジューですよ。
ペロジューって何?
って。
調べてください。

そんなわけで、とても良い相性のファームスカルピーとスーパースカルピーの混合スカルピー。
いっぱい使うのでいっぱい買いました。

Imgp4810

今日も頑張って人形作ります。
またしばらく!(突然終わる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

オレはグレート!

お久しぶりぶりです。
ぶりぶりです。

レッドマン始まってるよ!

メディコムトイ レッドマン

赤いあいつ〜レッメ〜ン!

Img_0950
Img_0951
Img_0952

通り魔のごとく(通り魔じゃないよ)ナイフも持ってるよ!

Img_0953
Img_0955

殺れ!
殺っちまえ!
ってな感じで(笑

みなさんよろしく。

それから、原作版マジンガーZ!
絶賛予約中!
15日までですよ奥さん。
でも定数に至った時点で終了なのでお早めに!

524b6ac30f1193c794fe8430f4c8d5fa

今回の製造で一時終了いたします。
数年間色変え等の販売もないのでほんとに、お忘れなくだよ!

タカラモ マンガ倉庫宮崎ネット店

Click here for more overseas

と言っても、今回もいっぱい作ってます(笑

みなさんよろしくですよ。
奥さんもお忘れなく!

さて、お待たせの本題。

ついに出ますよ!奥さん!

なぜ出ない?
なぜ出ないの!
と言われ続けていく年月。

まあね、マジンガーシリーズは色々なメーカー様が制作したいアイテムですよ。
オレのように業界の末席にいるハエのような原型師ではやっぱり色々なメーカー様との棲み分けというのに非常に気を使うわけです。
そういう意味でも人気アイテムに関しては非常にデリケートなスケジュールを組むわけです。

で、ついにダイナミック企画様と直接お話をできるようになって

『いまだ!』

と言わんばかりに水面下で進めてまいりました!

ついに出ます!

ビックワンクラフトから。
グレートマジンガー!

Img_1071

Img_1079

と言ってももうみなさんお分かりですよねえ〜(笑
最近はこのブログが一番情報が遅いという(笑

許してください!

一応、10月中旬頃にご予約スタートを目指しております。
今回も2週間程度のご予約期間で、年内いっぱい生産です。
数年間生産がございませんので、妻を質屋に入れてもゲットしよう!
とは言いませんが(笑)今のうちですよ!

細かいスケジュールについては現在…
というか、今このブログを書いている瞬間にロウ型が終了したので、金型屋さんの上がりの時期が決まり次第お知らせいたします!

で、問題はそのご予約方法ですが…

お世話になっているはしもと玩具店様、ひのまるや様に続き、マンガ倉庫宮崎店様も巻き込んで受注生産しようかと思います!

というのも、今までは生産可能数がどうしても限定されてしまって幾度かに分けてご注文いただく…
という方法論で進めてきましたが、生産を請け負っていただける工場様がいくつかお手を上げてくださったので思い切って受注生産いたします!

工場の方々のご厚意と、そして順々と販売経路拡大ということでより一層みなさんにもお求めやすい、お買い漏れのないメーカーを目指しております(笑
工場も今非常に混んでおりますが、今回色々とお話をしたりお会いできたりというのを進めていると、一極集中…とまではいきませんが、集中してしまっているところに集中してしまってボトルネックが起きてるような気がします。
前回のヘッダーの話もそうなのですが、割とみなさんこの辺のお話が好きそうなので(笑

当ブログも『ソフビ制作』や『金型金額』などの検索ワードで見たいただくケースが非常に増えてきております。
まあソフビを制作したいという人が増えているということは非常に喜ばしいことです!

が、これはマンガでも映画でもアニメでもなんでもそうですけど、制作側はできるかぎり安く済ませたいということに躍起になってどうしても技術者への支払いを渋ってしまいがちです。
技術者への支払いは減るということはいずれ業界が萎縮してしまうことは避けられません。
まずは

『お金がかかる』

ということを念頭に入れてください。

で、ソフビ制作には2通りあると考えてます。
まずは自分で全ての工程をスケジューリングして管理する方法と、プロデュースのみで制作をお願いする2通りかと思います。

安さで言えば自分で全てやったほうが安く上がります。
原型師を探し、ロウ型転換〜金型制作を工場に依頼。
成型工場にお願いする。
ヘッダーの印刷を手配する
必要とあれば塗装マスクと彩色を手配する。
注文を取る。
発送をする。

この工程を自分でやれば問題なくやすいです。
でも、これとても一人でできる工程じゃないんですよね。

なのでどこまで自分でできるか、どこまでお願いできるかというさじ加減になってくるでしょう。

もう一つは制作をお願いする。
この場合は上記した全ての工程に手数料をお支払いします。
当たり前なんですけど、これを高いと言ってないがしろにしてしまいがちです。
この大変な作業をお願いする以上は『手数料」が入ることをきちんと捉えないといけません。
そういう部分、日本人ってシビアですよね。
『好きなことやってるのに金取るなんて』
って普通に言いますから(笑
正直そういう意識の人には制作に携わって欲しくないですよね(笑

まあ端的に言えば、安く済ませたければ自分でやれ!
大変な思いをしたくなければお金を出して制作をお願いしなさい!

この2つだと思います。
自分で制作すると不良品の管理など全て自己責任になりますが、制作をお願いすれば、不良品の対応までしてくれます。
どちらが良いか、そういう意識をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います。

そんなんでよかったかしら?(笑

そんなわけで、今回グレートマジンガー以降は工場のお力添えでもっと幅広くみなさんにお届けでき、それでいてこちらの作業負担も減り、工場にもしっかりお支払いできるという循環ができたらと思います。

そのためには、1万円もする商品をいかにご満足いただけるかということに精進しないといけないですねえ…

『奥さん!』とか言ってる場合じゃないですよ!(笑

頑張ります!

というところで、次の原型をやらなあかんのでドロンします。
ドロンしますって。
いつの時代のサラリーマンや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

ポセイドン!と言ってもゲッターポセイドンの方!とマジンガー

お久しぶりです!

奥さん。
大変なんですよ毎日。
シャチョさんって大変ですよ!
コンサルタントに
『個人事業と法人は全く違いますよ』
と言われていたが
『んなこと言っても大した差はねえだろ?』
なんて、ナメてかかりました。
ほんと。
やってみたらとてつもないですよ。

まず、金がかかる!
ここね。
個人事業と内容がさほど変わったことをするわけではないけど、構造自体が個人と法人では大きな差があるのね。
大変よ。
全然違う。
法人の方が全然金かかる。
そのうえ、年間で100万くらい国に納めることになりそう。

すごいわあ…
すごいわこれ。

だいたいね、オレだって思っていたよ奥さん。
法人税ばっかり優遇しやがってこの国は!
と思っていましたよ正直。
でもね、やってみてわかった…

マジで法人税下げてくれないと会社なんてやっていけねえよ!
って(笑
いや、笑い事じゃないけど。
初年度は消費税免除だからいいけど、これで消費税食らったらウンコでそう。
ウンコ出ちゃうよ。

大変だよねえ〜会社って。
ちょっとサラリーマンや個人事業からでは想像を絶する苦しみやで。

そんな言い訳でよかったかしら?

とにかく、もう資本金なんて底つきそうよ。
あとはジャンスカ売らないと!
ジャンスカって何やねん!
ジャンスカっていう社長ってどうやねん!
そこじゃねえけど(笑

そんなわけで、アイアンキングが予約受付中ですよ、奥さん。

メディコムトイ アイアンキング

と言ってももう予約終わっちゃうからお早めに!

Img_0762
Img_0763
Img_0765

なかなか良いものですよ。

Img_0761

バキュミラー、いつかはいけるかなあ…
と思ってはいるんですけど、とにかく敵キャラとか怪獣は本当に売り上げ的な問題があるんですよ。
で、こんな会社を立ち上げて赤字連発な会社ではその辺の冒険がまだまだ出来ない。
ジョーニアスもまずまずの好成績も次の準備で全部飛んじゃうわけ。
大変よねえ〜奥さん。
まあこういう投球もできるような会社にできるよう頑張りますよ…

さてさて。
そんな時間が空いてしまっているうちに次のメディコムトイ新作が出ちゃうわけですよ。

奥さん!
ポセイドンですよ!
ポセイドン!
ゲッターの。
ゲッターのポセイド〜ン!

Gr1_160601
ゲッターロボ
G

ご覧の通り、ライガーの再販と、ドラゴンのシャインスパーク版!
ドラゴンは蓄光ですよ!

みなさんよろしくです!

で、チョイ見せ

Img_0816

まだまだ続きます。
情報、溜まってるからね(笑

Imgp4737

帰りマングレー、25日よりスタートです!

販売は
はしもと玩具

ひのまるや

はしもとさんは店頭、ひのまるやはご予約という感じです。
数的には少なめなので、なくなったらすいません。
と言っても、特に今回で終わりというわけではないので、忘れた頃に生産しますよ(笑

まだまだ続く!

ついにワンフェスの締め切りも近いてしまい、蝋型を金型屋さんにお渡ししましたよ!

Imgp4699

K君も凄まじい勢いで磨き上げる。

Imgp4700

ハンドルも作ったよ!

Imgp4701

まあしかしね、ほんと蝋型って思い通りに複製できないのね。
ぺったんこにヒケちゃってるんですわ。
これを盛り付けて修正する。

Imgp4702

ボリュームついたのわかるかな?
奥さん、痩せてりゃあいいってもんじゃないんですよ。
ボリュームも必要ですよ!

Img_0826

そんなわけで完成。

Img_0827

アンゴラス、暗闇からヌッと出てきた露出狂なポーズがたまりませんなあ…
抜きを考えると結構難しい形で大変でしたよ。
こういうポーズがベストかなと。

Imgp4703

ゲッターはアップで見るとこんなですわ。

で、みなさんに謝らなければなりまてん…
工場が究極に混んでしまって、予定の販売数を作ることができないかもしれません!
しかも塗装もあまり凝ったものができません…
許してください!
と言っても、ゲッターとかは色数が多いので元からほぼ塗装をするつもりはなかったのでご容赦ください。
むしろ予定通りの色数でというか(笑

金額的、時間的にもほとんどのことができないのでご容赦くださいませ。

さあラストですよ!
駆け足ですよ奥さん。

ついに始まります!

原作版マジンガーZの予約を7月1日より始まります!

Maz_01

予約は国内と海外で別窓口となります。

国内は

マンガ倉庫

海外は

ひのまるや

です。
現在販売ページを製作中なのでお待ち下さい。
契約上、国内の方々はひのまるやでご予約できません。
予約されましても後日キャンセル扱いとなります。
ご容赦くださいませ。

Maz_02

今回は前回と一部色が変わってます。
赤の部分が前回よりもう少しケレン味を出しています。
前回はね、もう少し印刷の色に近づけたんだけど、今回はもう少しおもちゃっぽくね。
一般販売だし。

Maz_03

で、残念ですが指の内側にマスクを当てることができず、指関節の上部のみの塗装になってしまいました。
まあ、さほど気にならないと思いますよ。

そんなわけで、詳細情報もう少々お待ち下さいませ!
発送は8月上旬よりスタトですよ!
ほんと、もうちょっとだよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)